【基本情報】スリランカの政治や政党およびその情勢について【政治】

2017-07-12 22:27

スリランカの政治


 

【政治体制】


共和制(半大統領制)
※半大統領制とは、議院内閣制の性格と持ちつつ、それより権限が大きな大統領のいる制度で、今回のスリランカの場合は、フランス式の半大統領制に近い。
参照:半大統領制(wiki)

 

【国会議事堂の場所】


コロンボ

 

【政党の持ち回り】


基本的に、2大政党(SLFP、UNP)が率いる政党同盟で持ち回りの連立政治で国営されている。
また、タミル人が多い北部や東部などは、タミル系政党(主にTNA)が基本的に支持を集めており、その意向を受けた政策がなされている。

 

【議席数】


国会総議席 225議席
州議会総議席 417議席
地方議会総議席 4,327議席

 

【政党同盟別】国会議席数内訳(n=225):(政党名:議席数) ※わかる範囲内で記載


United National Front for Good Governance(UNF) 120議席 (第一党・ウィクラマシンハ首相が率いる政党同盟)
United People’s Freedom Alliance(UPFA) 88議席 (第二党・シリセーナ大統領が率いる政党同盟)
Tamil National Alliance(TNA)(タミル国家同盟) 16議席

 

【政党同盟別の国会議席割合内訳】


参照:List of political parties in Sri Lankaの議席数より算出

 

【所感】

単独では、過半数を超えることが出来ないウィクラマシンハ首相率いるUnited National Party(UNP=青色)(統一国民党)だが、その他の支持政党と同盟を組むことにより、過半数を達成。議会を円滑に運営しやすくする体制にしている。ちなみに、前大統領のラジャパクサがいたのは、Sri Lanka Freedom Party(SLFP=オレンジ色)(スリランカ自由党)で、現在はシリセーナ大統領が率いる政党である。ラジャパクサは、現大統領のシリセーナに敗れ、追放されてしまった。
ちなみに、Tamil National Alliance(TNA=灰色)(タミル国家同盟)は、タミル人が多く住む北部や東部のエリアから選出された議員たちで主に構成されている。

 

【政党別】国会議席数内訳:(政党名:議席数) ※わかる範囲内で記載


■ UNF同盟

United National Party(UNP)(統一国民党) 106議席 ※二大政党
Sri Lanka Muslim Congress(SLMC)(スリランカのムスリム政党) 7議席
All Ceylon Makkal Congress(ACMC)(全セイロン・タミル(マッカール)会議) 5議席
Jathika Hela Urumaya(JHU)(スリランカの右翼系民族主義政党) 2議席

 

■ UPFA同盟

Sri Lanka Freedom Party(SLFP)(スリランカ自由党) 80議席 ※二大政党
Janatha Vimukthi Peramuna(JVP)(スリランカのマルクス・レーニン主義の政党) 6議席
Mahajana Eksath Peramuna(MEP)(スリランカの左翼系社会主義政党) 2議席

 

■ TNA同盟

Illankai Tamil Arasu Kachchi(ITAK)(タミル系政党) 16議席

 

■ 同盟でない共産主義政党

Jathika Nidahas Peramuna(JNP) or National Freedom Front(NFF)(スリランカの共産主義政党) 5議席
Communist Party of Sri Lanka(CPSL)(スリランカ共産党) 1議席

 

■ その他の政党

Ceylon Workers’ Congress(CWC)(セイロン労働者会議) 2議席
Eelam People’s Democratic Party(EPDP)(エーラム人民民主党) 1議席

 

【政党別の国会議席割合内訳】※少数政党は、その他(黄色)に分類


参照:List of political parties in Sri Lankaの議席数より算出

 

【所感】

政党別で見ても、ウィクラマシンハ首相のUNP(青色)が一番議席数が多く、次にシリセーナ大統領のSLFP(オレンジ色)が続く。スリランカは、この2大政党のどちらかが大統領で、どちらかが首相というような持ち回り制で国営しており、今回は、シリセーナ大統領が野党統一候補として、ラジャパクサを破った後、SLFPに復帰したので、SLFPが大統領、UNPが首相という形になっている。

 

【政党別】州議席数内訳(n=417):(政党名:議席数) ※わかる範囲内で記載


Sri Lanka Freedom Party(SLFP)(スリランカ自由党) 269議席 ※二大政党
United National Party(UNP)(統一国民党) 112議席 ※二大政党
Janatha Vimukthi Peramuna(JVP)(スリランカのマルクス・レーニン主義の政党) 15議席
無所属やその他 21議席

 

【政党別の州議会の議席割合内訳】


参照:List of political parties in Sri Lankaの議席数より算出

 

【所感】

州議会では、圧倒的にシリセーナ大統領が率いるSLFP(オレンジ色)が議席数を獲得しており、過半数を占め、UNP(青色)を上回っている。SLFPに所属していた前大統領のラジャパクサは、国民からも人気があったので、州単位で見ればまだまだSLFPの影響が強いことが見受けられる。ちなみに、Janatha Vimukthi Peramuna(JVP=灰色)(スリランカのマルクス・レーニン主義の政党)は、国会での議席数は6議席獲得している。

 

【政党別】地方議席数内訳(n=4,327):(政党名:議席数) ※わかる範囲内で記載


Sri Lanka Freedom Party(SLFP)(スリランカ自由党) 2,611議席 ※二大政党
United National Party(UNP)(統一国民党) 1,157議席 ※二大政党
Janatha Vimukthi Peramuna(JVP)(スリランカのマルクス・レーニン主義の政党) 74議席
無所属やその他 485議席

 

【政党別の地方議会の議席割合内訳】


参照:List of political parties in Sri Lankaの議席数より算出

 

【所感】

地方議会でも、シリセーナ大統領率いるSLFP(オレンジ色)が過半数を占めている。こちらも地方単位で見れば、まだまだSLFPの影響下は強いことが伺われる。UNP(青色)は、1/4しか議席を獲得出来ずにおり、国会の議席数(UNP > SLFP)と州や地方との議席数の獲得(UNP < SLFP)で考えると、大統領側の意見をストレートに伝えやすい環境であると言える。  

【選挙の仕方】


大統領制なので、大統領の選出は、国民による投票によって決められる。任期は5年。
また、同様に比例代表制により225名の議員も選出される。こちらも任期は5年。
この225議席の内、196議席は、各地区毎での当選者が選出され、29名は当選者からは漏れた候補者で、得票数が多い者が当選する比例代表にて選出される。

 

【政治情勢】


強力なリーダーシップを誇っていたラジャパクサ(政党:SLFP)から2015年より、現政権に移行している。
ラジャパクサが大統領だった時代は、内戦時代だったこともあり、その頃から支援をもらっていた中国と親密な関係が続いていた。
そして内戦終了後は、親中政策となり、中国に偏った政治体制がとられることとなった。

 

その結果、腐敗や汚職が起き、今なおその腐敗を正している状況である。
また、この時の腐敗では、ラジャパクサが親族を重要な役職などにつけるなど、権力を私物化していた。
こういった状況を背景に、2015年1月にラジャパクサが大統領選に踏み切ったが、そのタイミングで、同じ政党にいたシリセーナが政党を離脱。そして、野党統一候補として立候補する。
結果、ラジャパクサを破り、シリセーナが第7代大統領となった。それに伴い、第一党になった代表のウィクラマシンハが首相となっている。

 

現在は、親中関係を見直し、インドや韓国、日本などとも関係を図っており、インドとはFTAの提携をしている。
ちなみに、日本とは、日本からの技術支援や支援金などが送られており、今後の更なる関係良化が期待される。

気象レーダーで気象予報の精度を向上! 最近のスリランカでの洪水や地すべりなどに対して、日本よりドップラー気象レーダーの技術が提供されました。 ドップラー気象

 

【問題点】


前体制のラジャパクサが残した親中政策による湾岸事業や汚職の追求など、負の遺産の精算がまだ残っており、まだ時間がかかりそうな状況である。
ラジャパクサ自体は、内戦を終了させた英雄であり、内戦終了後もインフラの拡充や規制の制定など様々な制度を整えたため、国民からも大変人気がある。
ただし、その背景には、親中政策で中国から大量の借金があるため、その返金や貿易赤字など対外貿易や金融政策も課題が山積みされている。

 

【参照】

List of political parties in Sri Lanka
Government of Sri Lanka

 

基本情報を見たい方はこちら


【国名】 スリランカ民主社会主義共和国(Democratic Socialist Republic of Sri Lanka) 【国土面