【基本情報】スリランカのアヌラーダプラの月別の平均気温や湿度、降水量【まとめ】

2017-07-25 13:06

【まとめ】アヌラーダプラの気温や湿度、降水量


 

スリランカに到着しても、どのような気候か気になりますよね。
今回は、スリランカにあるアヌラーダプラの平均気温や湿度、降水量について調べてみました。
アヌラーダプラのことについても最初に簡単な概要を説明させていただきます。

 

データの取得は、

  • 月ごとの平均気温、最高気温、最低気温
  • 月ごとの平均湿度
  • 月ごとの平均降水量

になります。

データの抽出の仕方は、スリランカ気象庁からのデータを基に、2009 – 2014年(過去6年分)の各月平均データを算出しております。
※中には、元データにデータが無いところもあり、全てのデータが全6年分になっておらず、若干の差異がございます。予めご了承ください。

 

アヌラーダプラ(Anuradhapura)について


 

アヌラーダプラは、スリランカの北中部に位置している、世界遺産の1つになっている古都です。
古くには初代シンハラ王国があった場所であり、多数の大きな仏舎利塔(別名:ストゥーパ、stūpa)がある、仏教の大学としても栄えた街です。
また、灌漑設備が整っており、水を無駄なく使えるように設計された作りで、王国は繁栄していました。

ちなみに、途中、王が王子に殺害されて、その王子が王となり、王朝が一時移動します。
それが、後の世界遺産になる「シーギリヤロック」があるシーギリヤです。

しかし、王を殺害した罪に苛まされていた王子が、弟王子に攻め込まれたのを機に自害し、再びアヌラーダプラに都が戻ります。

その後、南インドからのチョーラ朝の侵略により、アヌラーダプラを放棄し、廃れていきました。

現在は、アヌラーダプラ市だけで見れば6.3万人ほどが住んでおり、90%を超えるシンハラ人(スリランカ系の民族)と8%のムーア人(イスラム教の民族)で主に構成されています。
ちなみに、アヌラーダプラ県でみれば、約85万人が住んでおります。

 

【月別】アヌラーダプラの最高気温、最低気温、湿度


それでは、アヌラーダプラはどのような気候になっているのでしょうか?
月別の最高気温、最低気温、湿度をグラフ化してみました。

 

 

 

最高気温で見た場合、3月が一番高く36度を超える月になる時でもあるようですね。他の月は、大体が34度をキープしているようです。
最低気温で見た場合は、5月が一番高くなり、6月〜9月は25度辺りをキープする気候となっています。
5月〜9月の期間は、最高気温と最低気温の寒暖差が狭まっているので、この期間は暑めに感じるかもしれませんが、全体的にそこまで気温の変化がない地域となっております。

 

【月別】アヌラーダプラの昼間・夜間湿度


次に湿度を見てみます。昼と夜に分けた場合、どのようになっているのでしょうか?。
グラフ化してみました。

 

 

 

昼間帯と夜間帯の湿度差が大きいですね。
夜間帯では全体的に高く、85%〜95%を推移していることがわかります。特に北東のモンスーン時期は、95%近くまで上昇していて、相当湿気ていることがわかります。
対して、昼間帯の3月や9月などは65%を切っており、その落差が大きく感じます。
この辺りの降水量は、どのようになっているのでしょうか?

 

【月別】アヌラーダプラの平均降水量


こちらの降水量と湿度を反映したグラフで確認してみます。

 

 

 

北東のモンスーン期である10月〜12月にかけての降水量の増加と湿度の上昇は相関関係があるように見えますが、それ以外の季節では、そこまで相関しているように見えません。
特に、6月と7月の降水量が圧倒的に少ないのに対し、湿度は一定を保っています。
夜間湿度が緩やかに緩やかに相関しているようにも見えますが、僅かな変化であると言えそうです。

旅行で行かれる場合は、あまり雨の降らない6月〜8月の辺りがオススメです。

モンスーンについて、詳しく知りたい方は、下記のリンクよりご確認ください。

【まとめ】スリランカの地理や気候、オススメシーズン ここでは、スリランカの地理や気候についてまとめてみます。 皆さんは、スリランカの気候はどんなところをイメ

 

【比較】東京とアヌラーダプラの月別最高気温・最低気温


上記では、アヌラーダプラの気候を気温、湿度、降水量の観点から見てみましたが、体感的にわかりづらいと思います。
これに対応するため、東京との気温や湿度、降水量と比較してみました。

こちらでは、東京とアヌラーダプラの最高気温・最低気温を比較します。
それでは、どれくらいの差があるのでしょうか? グラフで見てましょう。

 

 

東京とアヌラーダプラの平均気温

 

東京とアヌラーダプラの最高気温

 

東京とアヌラーダプラの最低気温

 

全体的に東京よりアヌラーダプラの方が高いですね。
8月の最低気温が、東京とアヌラーダプラが一緒くらいでしょうか。
1年中東京の8月以上の気温が続いているイメージですね。

 

【比較】東京とアヌラーダプラの月別湿度


次に湿度を比較してみます。
アヌラーダプラの方が高いイメージがありますが、実際にはどうでしょうか・・・?

 

 

 

6月〜9月にかけては、かなり湿度が近い値を推移していますね。
実際のアヌラーダプラは、昼間帯はもっと湿度が低いので、昼間は過ごしやすいのかもしれませんね。

 

【比較】東京とアヌラーダプラの月別降水量


最後に降水量を見てみます。こちらは、どのようになっているのでしょうか?
グラフにしてみます。

 

 

 

4月と10月〜12月の辺りのモンスーン期の降水量が、東京より高いですが、それ以外はそこまで多く降っていないですね。
全体的に見た場合は、雨の少ない乾燥地帯と言えそうです。

 

まとめ


スリランカで最も古い古都があったアヌラーダプラ。
幾度に渡る南インドからの侵略などにより、繁栄した都は廃都となりましたが、その時に築いた灌漑設備や仏舎利塔は、今なお存在しております。

現在は、観光スポットしても手入れされており、自然も保っています。
このため、猿や鳥など小動物もそこら中で見ることが出来、古都の移籍の名残と、野生動物の触れ合いなどを併せて楽しめる場所になっています。

 

【参照】

Statistical Abstract 2015
Anuradhapura