【社会問題】ゴミを不法投棄して1200人が逮捕される【ゴミ捨て】

2017-07-06 08:30

ゴミの不法投棄、スリランカ軍と警察が連携して取締り


 

スリランカの西部州で、06/18 – 06/27にかけて、ゴミを不法に捨てて、1,200人が逮捕されたようです。

 

最も多くの逮捕者が出たのは、ガンパハ(Gampaha)の250人で、次にコロンボ中心部(Central Colombo)とコロンボ北部(Colombo North)が215人、ケラニヤ(Kelaniya)が169人と続いていきます。

 

 

コロンボのごみ処理プロジェクト(MCSWMP)でも記載しましたが、現在は1日あたり700トンのゴミが出ており、今後のごみ処理対策を実施している最中です。

コロンボのごみ処理問題の解決にむけて 現在コロンボでは、1日700トン辺りのゴミが出てきて、他の地方都市と一緒に1200トン/日が回収されています。 今後も

 

コロンボ自治体では、650トンほどがゴミ収集のキャパシティとなっており、そのキャパシティ内に収めるために、現状の対応策として行っています。
実際に、以前は1,000トンほどのゴミ回収をコロンボでしていたようですが、現在は、殆ど回収をしていないようです。
まぁ、取締りにスリランカ軍と警察が連携してやってるらしいので、さすがに捨てようとは思わないかもしれませんね。

 

ちなみに、これらのゴミは、主に産業ゴミで、公道などにゴミの投げ捨てをしたものが逮捕の対象のようです。
この厳戒態勢の状況でも、不法投棄をしようとするのが凄いですね・・・。

これからも継続的に厳重チェックをしているようなので、旅行者の皆様は、お気をつけください。(普通にしないと思いますけども。)

 

【参照】

About 1,200 arrested for dumping garbage