ダンブッラでアーユルヴェーダマッサージ

2017-11-22 23:33

スリランカといえばアーユルヴェーダという印象を持つ人も多いのではないでしょうか?最近では日本でも、徐々に人気が高まってきていますね。さてこのアーユルヴェーダ、もちろん現地ではたくさんのアーユルヴェーダ施設があります。

 

そんな中で今回体験してみたアーユルヴェーダ施設はここ。スリランカ中部に位置する町ダンブッラにあるAthreya Ayurvedaです。数あるスリランカのアーユルヴェーダ施設の中でも評判が良いらしいのですが、いったいどんな体験ができたのでしょうか?

 

自然に囲まれたアーユルヴェーダ施設

施設に到着しました。大きな建物はなく伝統的な自然な素材で作られた建物が並んでいました。入口の門も木の素材で作られています。高い建物はなく、全てが自然の中で調和するように作られていました。クーラーも何もないですが、風が通って涼しいのです。

さらに建物の入口には仏様の仏像が置いてありました。信仰心豊かなスリランカって感じがしますね。

最初はアーユルヴェーダ医の診察から

 

さあいよいよアーユルヴェーダ体験です。まずはアーユルヴェーダドクターの問診から始まります。最初に脈をとってドーシャと呼ばれる体質を見ます。アーユルヴェーダではヴァータ、ピッタ、カッパーの三つの体質を基準としています。

 

ドクターから私はヴァータだと言われました。全体的に痩せている人は、この体質が多いそうです。あとは気になる症状を聞かれましたので、胃腸の不調と肩首のコリを伝えました。

問診をしながらドクターがメモを書き、これをマッサージの時にセラピストに渡すよう言われます。

 

実際の施術

さあ、いよいよ施術です。このような薄暗い部屋に通されます。今回はヘッド、ボディのマッサージ(一時間)に額にオイルを垂らすシロノダーラ(30分)、薬草サウナ(20分)、最後にシャワー(10分)のフルコースを選びましたが、足や頭など部分マッサージを希望することもできます。

マッサージの最初はヘッドから。ゴリゴリ押されますが、すっきり痛気持ちいい感じ。押されて痛い箇所は、頭の血流が悪くなって固まっているところだそう。私は相当痛かったです。次にボディマッサージ。指圧とは違う、全身のリンパを流していく感じで脚からマッサージされます。歩き疲れた足のマッサージが何とも気持ちよかった!上半身、腕もマッサージしてもらって身体すっきり、身体はオイルまみれになりました。

 

ボディマッサージの後は、シロノダーラです。額にオイルをひたすら垂らし続けること30分。ずっと額に流れるオイルは普段使いすぎの脳に優しく、全てを洗い流してくれる、そんな感じがしました。その後は薬草サウナに案内されます。床に薬草が敷き詰めてあり、サウナの中は薬草の香りがほのかに漂います。最後のサウナで汗を出しきったところで終了。最後は身体を洗うシャワーに案内されました。ここで全身についたオイルや汗を洗います。本当はマッサージに使ったオイルは皮膚から体に吸収されるよう、4時間くらいは洗わないほうがいいそうなのですが、今回はそうも言っていられないので、シャワーで綺麗に洗い流しました。髪についたオイルはなかなかとれなかったので、何回か洗い直しましたね。

 

シャワーを浴びてすっきりしたら、最後にお茶がでてきました。もちろんハーブ茶。お茶をゆっくり飲んで、今回のアーユルヴェータ体験は全て終了です。

 

アーユルヴェーダマッサージを受けてみた感想

 

実際に体験してあとの感想は、身体全体がすっきりした感じはありましたが、そこまでの変化は終わった直後は感じませんでした。肩こり腰痛が直ぐに楽になった訳ではなかったです。ただ全身がデトックスされていっている感覚は凄くあり、時間がたつにつれて身体は楽になっていきました。何日も連続してマッサージを受ける人も多いですが納得ですね。1週間ほどアーユルヴェーダを続けたら、かなりデトックスされる気がします。

今回はマッサージのみでしたが、次機会があったらアーユルヴェーダ施設に1週間ほど滞在してトリートメントを受けてみたいなと思いましたよ。