【旅行・観光】デング熱にご注意ください!(海外感染症流行情報)【シェア】

2017-07-01 08:30

デング熱患者、去年より増加


 

東京医科大学病院が発行している渡航者医療センターにて、スリランカのデング熱について注意喚起がございましたので、シェアいたします。
すでに5月末までに5万人の患者数が出ているようで、注意が必要です。

 

以前の記事でもデング熱についての注意喚起をしておりますが、やはり今年は増加しているようです。

スリランカのデング熱について これから季節のスリランカは、デング熱が発生しやすい環境になります。 デング熱は、蚊のAedes mosquitoes(日本では

 

今回の増加は、5月中旬ごろに起こった洪水により、デング熱の媒体である蚊の幼虫や卵が流されエリアが拡大し、被害が広がったのではないか?、と考えられます。
渡航される方は、充分に対策をした上で渡航なさってください。

 

自己防衛対策として、簡単に出来ることは、

  • 虫除けスプレーを持っていく
  • 蚊取り線香を持っていく
  • 長袖など肌が露出しにくい衣服を着ていく

などがすぐに出来ることになります。

 

【参照】

海外感染症流行情報(2017年6月号)【東京医科大学病院 渡航者医療センター】